AFCアジアチャンピオンズリーズ2017

744d7f9b987663dfeaf896cda337d5c3

AFCアジアチャンピオンズリーズ2017グループステージが1月24日に開幕します。

AFCアジアチャンピオンズリーグは、AFC(アジアサッカー連盟)が主催する大陸選手権大会であり、アジアのクラブチームNo.1を決める高いです。

今回日本のクラブチームで出場が決まっているのは、チャンピオンシップで優勝をした鹿島アントラーズ、年間勝ち点1位の浦和レッズ、年間勝ち点2位の川崎フロンターレです。

そして、ガンバ大阪は2月7日に行われる、バンコク・ユナイテッド(タイ)またはジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)の勝者と戦うプレーオフで勝つと出場が決まります。

鹿島アントラーズは、同グループのチームが決まっていませんが、グループ内の組み合わせには恵まれており、強豪の中国・韓国勢との戦いは避けられそうです。過去の成績はベスト8が最高で、昨年の勝負強い戦いで初のアジアチャンピオンを目指します。

浦和レッズは、2007年に優勝しており、新戦力も充実しており、10年ぶりのアジアチャンピオンを目指します。

川崎フロンターレは、2009年のベスト8が最高で国内外の初タイトルを目指すが、同グループには、欧州クラブでも活躍したパウリーニョ擁する優勝候補である広州恒大があり、出場が決まっている日本のチームの中では最も厳しいグループです。

昨年のクラブワールドカップでの鹿島アントラーズの試合により注目を集めるJリーグのチームが2008年のガンバ大阪以来の優勝なるかが楽しみです。

歴史的勝利が起こるのか!?レスター快進撃!!

日本ではあまりニュースになっていませんがプレミアリーグで、日本代表FW岡崎慎司(29)が所属するレスターが快進撃を続けています。

home001471
レスターは3日のサウサンプトン戦にも1-0で勝ち、2位トットナムとの勝ち点差を7に広げました。

 

トットナムが残り6試合で全勝しても勝ち点80。

 

レスターは6試合で4勝するか3勝3分けの成績を残せば勝ち点81となり、初優勝が決まります。

 

最新のレスターの優勝オッズの見方は簡単です。

 

トップページからサッカーを選択

home001468
次にプレミアリーグを選択。

home001467
プレミアリーグ優勝をクリックします。

home001469
するとオッズが表示されます。

home001470
4月5日0時時点で、レスターのオッズが1.33倍になっていることが確認できます。

 

米ESPN(電子版)によると大手ブックメーカー「ウィリアム・ヒル」のスポークスマン、シャープ氏は、レスターが優勝した場合、ウィリアムヒルが支払う総額は1400万ドル(約16億1000万円)に上ると試算しているといいます。

 

なぜこんなことになってしまったのか?

 

昨年8月の開幕前の優勝オッズではレスターシティは2501倍のオッズが付いていました。

92d24f32dd33a587ee673b64f69c0331
それ以前には最大で5001倍の優勝オッズがレスターシティーについていたわけですから、

この快進撃がどれほどすごいかお分かりいただけるかと思います。

 

オッズが5000倍の時点でレスター優勝に賭けた人は、ウィリアム・ヒルだけで25人いるといいます。

 

ウィ リアムヒルは、レスターシティの優勝が現実味を帯びてきて、最大で3億円以上の損出を減じるために、レスターシティの優勝にベットした大口顧客に対して、 想定される払い戻し金額の4分の1を即刻で払い戻すのを条件に、ベットを取り下げるように働きかけているとのことです。

 

レスターが優勝すれば日本のニュースでも大きく取り上げられるでしょう。

 

現在は1.3倍のオッズですが、日本人の岡崎がいるレスター優勝に賭けてみるのも面白いかもしれませんね。

ウィリアムヒル登録方法はこちら

【リオ五輪最終予選】なでしこ、まさかの3失点で黒星発進 優勝オッズは?

女子サッカーのリオデジャネイロ五輪アジア最終予選は29日、大阪市内で開幕しました。

 

4大会連続の五輪出場を目指すなでしこジャパンは、初戦でオーストラリアに1―3で敗れ、まさかの黒星発進となってしまいました。

home001327
FIFAランク4位の日本に対し、オーストラリアは9位。

 

日本が準優勝した昨夏の女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会では準々決勝で対戦し、途中出場のFW岩渕が後半42分に決勝ゴールを決めて1―0でなんとか勝った試合でした。

日本は前半25分、右クロスをFWデバンナに頭で決められ先制を許すと、不運な形 で2点目を失いました。

 

佐々木監督が2トップの一角で先発させていたFW大野に代えてFW横山を投入した、そのわずか1分後の前半40分。

 

MF阪口の自 陣でのパスが主審に当たり、方向が変わったボールを拾われてカウンターに持ち込まれると、最後は走り込んだFWヘイマンにスルーパスを右足で決められてしまいました。

前半でまさかの2点ビハインドとなった日本は前半終了間際の47分、MF中島の左から右へのサイドチェンジをMF川澄がつなぐと、オーバーラップしてき たDF有吉が中央へマイナスのパス。

home001328
これを受けた阪口の右足シュートを、最後は大儀見が左足で押し込んで、1―2で前半終了。

前半ロスタイムに大きな1点を挙げた日本は、何とかして追いつきたいところだったが、次の1点が入ったのはオーストラリアでした。

後半33分、右クロス をMFゴリーにフリーで頭を合わされて痛恨の3失点目。

 

同39分、佐々木監督は昨年W杯での対戦で決勝ゴールを決めた岩渕に加えて川村も同時投入したが、 結局3失点が重くのしかかり、悔しい初戦黒星となりました。

大会は6チーム総当たりのリーグ戦形式で行われます。

 

まさかの黒星発進となった日本は3月2日に韓国、4日に中国、7日にベトナム、9日に北朝鮮と対戦。

 

上位2チームがリオデジャネイロ五輪への出場権を獲得します。

 

ウィリアムヒルの優勝オッズが更新されました。

 

2016年 Jリーグ開幕! 開幕戦 対戦オッズ

日本の2016年のサッカーシーズンが今月27日より開幕します。

昨季のJ1王者サンフレッチェ広島は、第1節で川崎フロンターレと対戦する。

チャンピオンシップ(CS)準優勝のガンバ大阪は新設のホーム・市立吹田サッカースタジアムで鹿島アントラーズと、3位の浦和レッズはアウェイで柏レイソルとの開幕戦となります。

昨シーズンのJ1リーグ王者となったのはサンフレッチェ広島で、Jリーグチャンピオンシップ(プレイオフ)決勝でガンバ大阪(G大阪)を通算4-3で破って、2年ぶり3回目のリーグ優勝を飾りました。

home001255
今季は2ndステージが11月3日(木・祝)に終了し、CS1回戦は11月6日、決勝は11月29日に第1戦となり、第2戦は12月3日となります。

今年はどのチームが優勝するのでしょうか。

ウィリアムヒルでは、2016年のチャンピオンの予想オッズを公表しました。

ko000649
日本時間26日11時現在、1番人気は鹿島アントラーズで3.75倍。

 

2番人気は4.00倍の浦和レッズ。

 

昨季王者のサンフレッチェ広島とガンバ大阪は6.00倍で並んで3番人気で続いています。

2016年シーズンのホーム開幕カードは以下の通りです。

【J1リーグ】
2月27日(土)
柏 vs 浦和 [柏]
F東京 vs 大宮 [味スタ]
横浜FM vs 仙台 [日産ス]
湘南 vs 新潟 [BMWス]
磐田 vs 名古屋 [ヤマハ]
神戸 vs 甲府 [ノエスタ]
広島 vs 川崎F [Eスタ]
鳥栖 vs 福岡 [ベアスタ]

2月28日(日)
G大阪 vs 鹿島 [吹田S]

ウィリアムヒルの開幕戦対戦オッズも公表されました。

home001267
実際にベッティングをしてみましょう!

home001267 昨年王者のサンフレッチェ広島と川崎フロンターレとの試合。

サンフレッチェ広島の勝利に2ドル賭けてみます。
home001273 試合を待ちましょう!
home001274

試合結果

前年王者のサンフレッチェ広島はホームで川崎フロンターレと対戦。

なかなか均衡が破れずにいたが、後半39分に川崎FのFW小林悠がゴールを決め、これが決勝点となりました。

川崎Fが1-0で勝利し、2年連続の開幕戦白星発進を決めました。

広島は3年ぶりのリーグ開幕戦黒星となりました。

残念ながら賭けには負けてしまいました。

 

【サッカーU23】日本vs韓国 リオ五輪最終予選・決勝【サッカー日本代表】

AFC U-23選手権カタール2016(オリンピック・アジア最終予選)準決勝が1月26日に行われ、U-23日本代表とU-23イラク代表が対戦。

 



 

日本が2-1で勝利を収めて決勝進出、2位以内を確定させ、6大会連続の五輪出場を決めました。

 

日本の決勝(30日)の相手は韓国に決まりました。

 

では実際にウィリアムヒルでリオ五輪最終予選の決勝に賭けてみたいと思います。

 

ウィリアムヒルのトップページよりサッカーを選び、AFC U23チャンピオンシップを選択します。


ko000630
一番オーソドックスな勝敗を予想する賭け方を選択します。

ko000631
日本代表の勝利に$10賭けたいと思います。

ko000632
以下の画面がでればベッティング完了です。

ko000633
 

試合結果

6大会連続10度目の五輪出場を決めていた日本が同じく本大会に出場する韓国に3-2で逆転勝ちし、優勝しました!

 



 

見事賭けに勝ちました!

ko000649

コロンビア 対 ウルグアイ

ワールドカップもベスト16が出揃いつつあり、6月29日(月)の朝5時からキックオフの
コロンビア対ウルグアイの試合。

オッズは以下の通り
a00187

コロンビア勝利1.95

ここでコロンビアの勝利に5ドルベットします。
a00188

勝てば+4.75ドルの収支です。

<試合ハイライト>

28日(現地時間)に行われたワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、コロンビア対ウルグアイの一戦は、2ー0でコロンビアが勝利した。

エースのルイス・スアレスを「かみつき事件」で失ったウルグアイと、日本のいるグループCで全勝したコロンビアの試合。

序盤はどちらも控えめに入り、慎重な姿勢を見せた。コロンビアがポゼッションを高めていくが、カウンターへの警戒も忘れない。

しかし28分、ハメス・ロドリゲスのスーパーゴールが試合を動かした。

味方のパスを受けたJ・ロドリゲスは胸でコントロールすると、そのまま左足でボレー。

ペナルティーアーク手前からの強烈な反転ボレーが枠内をとらえ、GKムスレラの手をかすめてゴールとなった。

その後はウルグアイが攻撃の意識を高めて前に出るも、追いつくことはできず。

コロンビアが1点リードで折り返した。

後半の立ち上がり、慎重に入りたいはずだったウルグアイだが、またしてもJ・ロドリゲスが大仕事。

左からアルメロの上げたクロスにクアドラードが落とし、J・ロドリゲスが決めた。

53分、ウルグアイはアルバロ・ペレイラとフォルランを下げて、ラミレスとストゥアニを投入。

2点を奪いにかかる。しかし、守備意識が高まっていくコロンビアは組織もしっかりしていて崩せない。

ボールを持つ時間は圧倒的だったが、チャンスはそれほど多くなかった。

1点を返せばコロンビアの焦りを誘えたかもしれないウルグアイだが、時間の経過とともに焦っていったのはウルグアイ。

攻めても攻めても崩せず、苛立ちは募った。

84分にはカバーニが強烈なシュートを枠内に放つが、これもGKが冷静にセーブ。得点が遠い。

結局、L・スアレスを欠いたウルグアイは最後まで得点を奪えず。

2ー0で勝利したコロンビアが、7月4日に開催国ブラジルと対戦する権利を得た。

a00213

ここまで

——————————————————————————————-

見事にコロンビアが勝利しました!

+4.75ドルの収支です。

a00212

 

ブラジル対チリ

ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が23日に行われ、グループAとグループBの日程が終了し決勝トーナメント1回戦の2カードが決定しました。

グループAからはブラジルが首位、メキシコが2位通過。
グループBからはオランダが首位、チリが2位通過。
001l
この結果、それぞれの1位と2位同士が対戦する1回戦で、ブラジル対チリ、オランダ対メキシコの対戦カードが決まった。

ブラジル対チリは日本時間29日にベロオリゾンテのエスタジオ・ミネイロンで開催されます。

日本時間の深夜1:00から始まるブラジル対チリの試合。

オッズは以下の通りブラジルの勝利が1.6倍となっています。

a00185

ブラジルの勝利が固いと思い思い切って1000ドルベットしました。

75a88ebc

試合結果

ブラジルは13分、フッキがネイマールとのワンツーからペナルティーエリア内で倒れるが、PKの笛は鳴らず。だが18分、ネイマールのCKにT・シウバが頭で合わせると、このボールをゴール前のD・ルイスが押し込み、ブラジルが先制した。

だが、ビハインドを背負ったチリも反撃。32分にブラジルのミスを突いて試合を振り出しに戻す。高い位置での相手スローイン、戻しのボールをバルガスが素早くインターセプト。ダイレクトでペナルティーエリア内へ入れると、これを受けたアレクシスが冷静にシュートを流し込んだ。

1-1となり、試合はさらに激しさを増す。追いつかれたブラジルは、36分にオスカルのクロスからネイマールがヘッドで狙うが、ボールは相手DFに当たって枠外へ。3分後にも、中盤からのフィードを受けたネイマールがチャンスをつくるが、ドリブル突破は阻まれ、こぼれ球を狙ったフレッジのシュートも枠をとらえない。

一方で、チリも一瞬の隙を突いて追加点を狙う。42分にビダルのボレーでブラジルに冷や汗をかかせると、アディショナルタイムには高い位置で奪ってチャンスメーク。アレクシスのパスからアランギスが惜しい場面を迎えるが、ブラジル守備陣の懸命なブロックに阻止された。

後半、ブラジルは55分に勝ち越したかに思われた。左クロスを受けたフッキがひざで押し込むが、ハンドの判定で得点は認められない。一方で、64分にはビダルとイスラのワンツーで左サイドを崩され、最後はアランギスの決定機とされるが、GKジュリオ・セーザルのビッグセーブでしのぐ。

思うように形がつくれないながらも、決定機をつくったブラジルだが、決めることができない。74分のチャンスはジョーが合わせきれず。81分にD・アウベスのクロスからネイマールが頭で、83分にはフッキが単独でのドリブル突破から右足で狙ったが、それぞれGKブラーボに阻まれる。

結局、試合は1-1のまま大会初の延長戦へと突入。疲労の影響も濃い中、ブラジルは103分にフッキが切り込んで左足の強烈ミドルを放つが、ブラーボの壁を破れない。

スコラーリ監督は延長後半からオスカルを下げ、ウィリアンを投入。一方、チリは107分に闘将メデルが足を痛め、無念の離脱。ロハスとの交代を余儀なくされる。

ブラジルは攻めこむものの、チャンスをつくれない。必死で守るチリは、120分に大チャンス。ピニージャがペナルティーアークからシュートを放つが、クロスバーに嫌われてしまう。勝負はPK戦へと突入した。

運命のPK戦、ブラジルは1人目のD・ルイスが決めると、J・セーザルがピニージャをストップ。続く2人目のウィリアンが外してしまうが、J・セーザルが再びアレクシスも止める。

4人目のフッキがブラーボに止められ、一度は追いつかれたブラジルだったが、5人目のネイマールが確実に決めると、チリ最後のヤラのPKがポストに嫌われて勝利。ギリギリでベスト8進出となった。

決勝トーナメント1回戦、ブラジル対チリの一戦は、1-1で延長を含めた120分を終え、PK戦の末にブラジルがベスト8進出を決めた。

a00211

結果的にブラジルが勝利しましたが、90分では1-1であったので、残念ながら賭けに負けました・・・